2006年11月22日

ミシガンはユリカモメ

DSCF1920g.jpg

 昨年、故郷の恩師を招待して、滋賀県一帯を見せて回りました。これはミシガン船上の一コマです。この時期、年寄りに船はちょっと寒いかと心配したのですけれど、ユリカモメというのでしょうか、船の回りを群舞して、それは感動的でした。少々の風は苦にならず、老先生も喜んでくれました。鳥が寄ってくるのは、船員の方々が餌付けをした成果とのことで、企業努力というか、感心させられました。
 この写真は、ちゃんとした集合写真の上の部分だけを切り抜いたものです
posted by ワークスK at 08:35| Comment(0) | 生きもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

永源寺の紅葉2

DSCF0010g.jpg

すいません。これも古くて4年前です。このところは...... <(_ _)>
紅葉の透明感にビックリした記憶があります.それとカメラマンの数ですね。
タグ:紅葉 滋賀
posted by ワークスK at 21:26| Comment(0) | 植えもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

奥琵琶湖パークウェイの紅葉

DSCF1114g.jpg

つづら尾展望台付近の景色で、これは昨年撮影です。
タグ:滋賀 紅葉
posted by ワークスK at 08:23| Comment(0) | 見もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

野生のカケラもない我が愛犬

>>写真消失

寝ている姿をこっそり撮影したといって、息子がおくって来た写真です。
14歳の老犬ですが、ここまで堕落したとは、恥ずかしい限りです。
シベリアン・ハスキーは当時、人気の絶頂期を過ぎ、生後4ヶ月を過ぎても売れ残ってダンピング状態でした。ボックス内で窮屈そうだったのを哀れに思った息子がねだって、我が家に来た経緯があります。今は、一番反対した私が散歩に連れ出す毎日です。飼い主に似るといいますけれど…… (^ _ ^;

【追伸】名前はアルフォンス、通称アルです。アル・カポネのアルですね。当時、流行ったアニメか何かの登場人物から愚息が命名しました。
posted by ワークスK at 20:21| Comment(0) | 飼い犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

永源寺の紅葉

z100_FUJI-DSCF0004_DSCF0004.jpg

唐風というか,この石橋がすばらしいですね.何か名前が付いていたのですが……
すいません。これも4年前の写真です。
タグ:滋賀 紅葉
posted by ワークスK at 06:07| Comment(0) | 植えもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

発毛効果のある目薬

某月某日(某曜日)

 朝9時、十数年来の「持病」である緑内症の定期検診に出向く。
 担当の医師が変更となって、今度は若い女医さん。そりゃあ当然、うれしい。診察方法も変わり、こっちの目にコンタクト・レンズをはめて眼球内を診てくれる。生まれて初めてのコンタクトだったが、優しくされたので怖くはない。視野検査の結果と合わせた診断は、病気は落ち着いているということで、ホっとする。

 投薬の話になって、「夜の目薬はいつ注しているか?」と問われる。朝と夕の二度と指定されている点眼薬の内の「夕」の方である。怪訝に思いながら「寝る前です」と答えると、「風呂に入る前にしてください」と言われる。
megusuri2.jpg 説明によれば、キサラタンという目薬に発毛の副作用が報告されているとのこと。夜寝る前に差したら、目尻に流れて、そこに産毛が生えてきた。拭いただけでは駄目で、洗わなければいけない。だから風呂に入る前だという。自分の怪しくなってきたモノのことを思いながら「頭にも効きますかねぇ」と水を向けると、「物凄い量が要る」との返事だった。

 帰宅してカミさんにこの話をすると大笑い。シゲシゲとこちらの目の辺りを眺めて、「そういえば、まつ毛が長くなってきたみたい」だと!少女漫画じゃあるまいし、我々の年代では気持ちが悪い。若い娘がマスカラの代わりに、老人用の目薬を愛用するなどとはおぞましい光景だ。

 インターネットを検索すると「みんなでつくる緑内障情報サイト」などというHPもあって、この話は確からしい。目薬にたくさんの種類のあることが分かる。自分の経験でも、新しいものが開発されたといって何度か変わった。初期の頃、多分、バイア何とかという薬と同じ作用を持つものもあった。前立腺が心配になって診てもらった泌尿器科で相談すると、「そういうこともある」という返事だった。それを、担当の眼科医に伝えても信じてはくれなかったけれど、薬は代えてくれた。本人にはちょっぴり、残念な気持ちが残ったけれど……。
posted by ワークスK at 22:07| Comment(0) | 摩訶不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

近江八幡のコスモス

xCIMG1637.jpg

これは3年前の11月初めに撮影したものですが,今年も咲いています。
休耕田の緑肥だとのことです。眺める方は楽しいですね。
タグ:滋賀
posted by ワークスK at 00:32| Comment(0) | 植えもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする