2007年06月29日

福知山線脱線事故調の最終報告は的外れ

 6月29日の朝刊は、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会がまとめた最終報告書を大きく報じていて、例えば読売新聞には「懲罰教育重圧制動遅れ」という活字が並んでいます。論調としては「事故原因について、企業体質の問題に踏み込むのはきわめて異例」と、どちらかというと誉めてはいるものの、私には釈然としないものがあります。

 それは、どうしてJR西日本が懲罰教育を実施する様な企業なのかということです。
 すなわち、こんな大事故を起こす可能性がある人物を運転士で使い続けた、否、使い続けざるを得なかった企業の体質についてです。

 事故直後からの報道では、この運転士は過去に車掌時代を含めてミスが多かったと指摘していた記憶があります。一方、所属した列車区の区長?は「彼は優秀だった」と述べていました。

 この間の認識の差異が大きな問題だと思うのです。
 私の全くの想像であることは言を待ちませんが、運転士の技量などを評価するのは区長の下にいる班長、あるいは助役と呼ばれる職位の人間のはずです。偉い区長ではありません。実際に運転士の横で指導した彼らの判断が反映されなかったことこそ、大問題です。
 生身の人物を評価できないからペーパー試験だけで登用し、また日頃のミスをOJT的に指導できないから日勤教育に走らざるを得なかったのだと思うのです。
 さらにその根本的原因は、多分、労使関係。

 または、役人でいうところのキャリアとノンキャリアの関係。

 さらに、人事部の度を超した権限辺りにあるはずで、それを白日の下に引っ張り出して是正するのは、経営トップだけができる大仕事です。信楽高原鉄道事故も根底に存在する原因は同じでしょう。利益至上は企業として当然の旗印だし、最新式ATSの設置が遅れたなどということは、全くの枝葉です。

 しかし根幹的なものは部外者には判りにくく、また糾弾することも不可能です。JR西という会社を批判したところで何も変わりません。今の社長に「判れ」と言ったところで、この辺りの認識がなければ無理な話で、かといって、社長以外には責任と権限を持つ実態がないのです。

 解決策は、ただひたすら、カリスマ的なリーダーが現れるのを待つしかないでしょう。
 すなわち、企業は人なりです。不思議なのは、マスコミがいつも、そこに踏み込まないことで、言及してくれさえすれば、少しは救世主出現に近づくと思うのですが……。事故調の構成メンバーに会社経営の経験者が必要なのでしょうね。
posted by ワークスK at 22:58| Comment(0) | 読みもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

水郷巡りにもいろいろと……

DSCF5163a.jpg

 湖岸道路を走っていて、遊覧船を見つけました。地図を見ると、西の湖から琵琶湖へ通じる長命寺川という水路です。有名になってきた近江八幡の水郷巡りだろうと、インターネットで検索を掛けると観光協会のページがあって、会社が5つも営業しています。コースからすると、これはたぶんびわ湖観光という会社の舟でしょう。

 まあ「水郷巡り」という言葉では手漕ぎの和舟をイメージしますから、写真のような大きめの動力付きは観光にはそぐわないような気もします。しかし、急な夕立とか突風という実用性を考えたら、屋根付きの方が安心ですよね。中で呑んで騒ぎたいだけだろうという声が聞こえてきそうですが(^_^; それと、こっちが物見遊山している直ぐ横で、船頭さんが汗だくで櫂を漕ぐのも、料金を払っているとはいうものの引け目を感じて一つ気分が乗らないということがありそうです。

 ところで、こういう舟に乗った記憶を辿ると、天竜川、日本ライン、柳川、保津川、大歩危小歩危と、結構あります。人気のある観光ということなのでしょうが、暖かい季節ならいざ知らず、オフ・シーズンを食いつなぐ方法を知りたいものです。あるいは、忙しい時に全て稼ぎ、後は遊んでいるのかも……
タグ:滋賀
posted by ワークスK at 21:45| Comment(0) | 乗りもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

忍術の巻物が欲しい

 先日、甲賀の里「忍術村」村長、柚木俊一郎という方の講演を伺う機会がありました。
 豊かなヒゲを蓄えた風貌は、ただ者でないと思わせるに十分です (^ _ ^;
 はじめは観光目的のマジックショー的なものかと思っていましたら、集落の形成やら歴史の背景をどちらかというと学術的な話で、ビックリしました。映画や漫画の中だけの存在ではないことがよく判りました。「甲賀」は「こうか」と濁らないということも知りました。 忍術秘伝書だという「萬川集海」は欲しぃですね。

 ウィキペディアの忍者の項が結構、講演内容に近い面があります。知的好奇心を満たしてくれます。こういう類のお話が聴けるなら忍術村に行ってみたいですね。
posted by ワークスK at 23:54| Comment(0) | 読みもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芋虫だぁ!今度は

 折角植えたパンジーがナメクジに食われてしまい、調べたらナメクジはビールに寄ってくるらしいということで、仕掛けましたら面白い様に採れたところまでお伝えし、鮮やかになったと悦に入っていたのです。

DSCF5109.JPG

 ところが今日、また葉っぱと花が食われているのを発見し、またナメクジかと夜に出てみましたら、何と今度は芋虫です。丸々と太った奴を5匹ほど潰してやりました。
 一難去ってまた一難ということで、正直言って脱力感に襲われています。生き物相手というのは本当に難しいものです。仕事もですけれど……。今回もグロテスクですいません m(_ _)m
posted by ワークスK at 23:03| Comment(0) | 生きもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

田淵幸一インタビューは野球ファン必読

「ファイブエル」をひょんな事から定期購読しはじめました。
 木村政雄さんが編集長を務める月刊のフリーペーパーで、「団塊世代のエンターテイメント誌」を謳い文句としています。関東、関西の旅行会社とか、ゴルフ場、ホテル、銭湯、料亭、喫茶店などに置いているとのことで、当方の馴染みが無いところばかり。というわけで、年12回、送料だけの1,800円を負担して申し込んでみました。
img474.jpg
 それで6月号のメインは、関西人には懐かしい田淵幸一氏や、中国代表コーチに就任して物議を醸しているシンクロ・スイミングの井村雅代氏のインタビューで、結構読めます。
 ユン・ヒウォンさんという方の「ユン博士の金融流体力学」という記事は、題名が奇抜なものの、第1回目は自己紹介ということでサワリさえないのが残念です。

 全体としての感想は、無料なら暇つぶしにいいかなあという程度でしょうか。
 執筆者が既に名を成している人ばかりで内容が意外性に欠けるし、文章としてのエンターテイメント・レベルもちょっと低い感じです。
 まあ、無料誌とはいうものの、当方はお金を払っていますので、辛口になるのは仕方ないかも知れません(^_^;

 それから、人間50歳ともなれば(もちろん10歳代でも)、読者として何らかの形で物申したい、情報発信したいのが自然ですよね。その仕組みが欠けているのが気になりました。双方向性が当たり前のインターネットの時代に、お仕着せのテキストを読ませるだけのシステムは、相当に高度な中身が必要なはずです。2005年11月号から20冊も発行され続けているというものの、ビジネスモデルとして他人事ながら、ちょっと心配しています。

 しばらくしたら、前述のサイトの方に6月号の記事が掲出されるでしょうから、タブチくんのファンの方は是非、御訪問ください。
posted by ワークスK at 21:31| Comment(0) | 読みもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする