2013年05月17日

珍しい自動車3題

いつも通らない路を歩いたら、普段お目にかからない車が3台‥‥。

99CIMG1235.jpg
まず、フォルクスワーゲン・ビートル。リアのボンネットが半開きでポンコツ、と思いきや、アルミホイールを履き、クロームメッキのバンパーが光り輝いている。ナンバーは「京55」で年代物。税金と維持費を考えたら、贅沢の極みか。

98CIMG1236.jpg
こっちも、トンと見なくなったローバー・ミニ。手入れが良い。年式等によって希少性とかがありそうだ。左に写っているパーツには「RV-INNO」とあり、ルーフ・キャリア。これも趣味だな。

99CIMG1237.jpg

99CIMG1238.jpg次は、電気自動車で、トヨタ・コムスCOMS。新型発売から1年経ち、初めて現物を見た。これは病院用だ。エンジン付きと比較して、稼働率が高ければメリットがあるのだろう。値段を考えたら個人用は無理かな。
 ちなみに、GQ JAPANという雑誌のサイトによれば、基本は一人乗りのEVで、家庭用100V電源で充電し、航続可能距離は約50km。1km走る電気代は約2.4円(23円/kwh時)。満充電時間は約6時間、最小回転半径3.2m。最高速度60km/h、最大積載量30kg。道路運送車両法上は第一種原動機付自転車(四輪)で、原付ミニカーと同じ。よって普通自動車免許が必要だが、車庫証明、車検、重量税、取得税は不要とのこと。
posted by ワークスK at 07:08| Comment(0) | 乗りもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする