2014年02月28日

京阪2400系(10)側板外張7両分を切抜き

 本番用、と本人は認識している左右合わせて14枚を切り抜いた。
 中間車体の10枚を重ねてみたが、レーザーカットのように、ピッタリ一致というわけにはいかない。

91CIMG3288.jpg

【京阪の薀蓄3】卵形断面車体は、先頭車と中間車では戸袋幅が異なる
 2000系2次車以降の話だけれど、先頭車が740mmで、中間車が775mmと35mmの差がある。ちなみに2000系1次車は775mm。モデルにすれば、1/80で0.4mmと、ほんのわずか。1/45では0.8mmとなるけれど今回、割振りの関係で16.5mmと17mmと、0.5mmの差をつけてみた。
 まあ実物は、出入り口周辺のスペースを少しでも大きくして、乗客を詰め込めたいという思想(笑) 8000系の計画で、中間車に100mmの残余が生じたときにも同じ議論があって、25mmずつ4か所に振り分けろといわれた。でも特急車には、そんな差し迫った欲求は無い。で、京都寄の妻壁の厚さを200mmとして、配電盤スペースとした。艤装屋には大変に喜ばれたが、“趣味”を発揮してしまったのではないかと、今でも悩んでいる。
posted by ワークスK at 23:59| Comment(1) | 京阪2400系7連1/45 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

京阪2400系(9)先行試作車体の組み上がり

 一応、組み上がった。
 屋根回りの剛性は十分で、補強の必要は無いかもしれない。窓桟は0.7mm幅を狙ったものの、弱々しい上にバラつきが大きくて、1mmの方がいい。接着剤の残渣は、サフェーサーで消せるだろうか。
 一番の問題は、外板と妻板の合いが悪いこと。片方で余って隙間が空き、他方で足らずに妻板が出っ張っている。ペーパールーフの張り合わせ構成を変えた方が良さそうだ。
 さらに窓の隅Rを間違えたところがあり、これもボツ。

92DSC09909.jpg

【京阪の薀蓄2】卵形断面車体の側行先表示窓は、全て曲面ガラスだった
 当初は全車がHゴム支持で、上半分がなんと曲面。間違って天地逆さまに取り付けられたものを見たことがある。1900新も、僅かに小屋根曲面にかかるもののガラス自体は平面(この設計が新入社員だった当方の仕事)。なお、Hゴムの外観上の幅は25mm。大津線の500型は30mmで少し太い。その理由は、予備品の種類を増やしたくなかったから。
 卵型で平面ガラスは、2380番代と2400系更新車。前者では、曇り止めに複層ガラスとしてみたが、2200更新車で表示器の気密をアップしたら改善されたので、以降は単板ガラス。大津線600型は、現場の希望で複層ガラス。
posted by ワークスK at 19:07| Comment(1) | 京阪2400系7連1/45 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

京阪2400系(8)側板内張の貼付と切抜き

 外張に内張を貼り付けてから、窓を切り抜いた。
 糊には、ボンド・ニューハイスティックという、スティック糊を使ってみた。昔の技法である木工ボンドを水で薄めたものでは、紙が水分で伸びてしまう。これは、それが少ない。

93CIMG3282.jpg

 このスティック糊は元来、プラ板と紙を貼り付けられると稲葉清高氏に御教示いただいたもの。(TransPacific R.R.を参照)
posted by ワークスK at 23:59| Comment(0) | 京阪2400系7連1/45 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

京阪2400系(7)側板外張の切抜き

 失敗に懲りて、まず中間車体1両分だけを先行して組み立てる。
 側板外張の切り抜きで、丸ノミが3種に、自作ノミ9種を用いた。自分でも呆れるほどに、ケガキ寸法を頻繁に間違える。この写真でも左の車端の間柱が1mm広い。また、ノミを垂直に押せずに断面に角度が付いてしまう。腕がだいぶ錆びついている。

94DSC09903.jpg

 紙の目を横にとり、直角は紙の裁断を信用した。外周の下辺と左右には余白を設けず、屋根は中央で接ぐこととして調整代を足している。
posted by ワークスK at 23:59| Comment(0) | 京阪2400系7連1/45 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

津屋崎人形の御雛さま

97DSC09905.jpg

97DSC09907.jpg

 先日来、我が家の玄関を飾っている雛人形は、少しトボケた表情。
 九州は福岡の北、津屋崎というところで30数年前、1979年に求めた。

 実は、わが夫婦の新婚旅行は北部九州だった。当時は既に海外旅行が当たり前となっていたのだけれど、訪れたいところがこの一帯に目白押しだったのだ。それに何一つ文句を言わず、今でも楽しかったと言うカミさんも、どうかしているとは思う。
97DSC09908.jpg で、その一つが、博多人形の原型だという津屋崎人形。その頃は京都の伏見人形に興味を持っていたので、どうしても見たかった。ただし、当方には買う気は毛頭なくて、これはカミさんが欲しがったもの。
 注文を受けてから作るとのことで、忘れた頃に届いた記憶がある。
 子どもは残念ながら二人とも男で、ちゃんと飾ることは無かったものの、時々は出して眺めている。そのたびにカミさんは、「もう作っていないなら、お宝鑑定団に出せる」と呟く‥‥(笑)

 なお、人形の裏面は真っ白で、底には和紙が貼ってある。
ラベル:家族
posted by ワークスK at 16:39| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

京阪2400系(6)片刃カミソリの準備が完了

 注文していた片刃のカミソリ刃が届いた。フェザー剃刃S片刃、炭素鋼、刃厚0.245mm、10枚入228円。
 退色したパッケージは40数年前のもので、シールの「98」という数字は、値段だろうか。斜めの塗り分けラインなどが微妙に変わっている。また、ブレード表面の文字が無くなっている。昔は輸出もしていたのかな。

 早速、折り始める。数が多いし、寸法が似通っているから訳が判らなくなるのは必須。で、紙に必要な幅を書いて、できたものから置いていった。
 製品の刃の長さを測ると39.5mm。よって、39mm幅は微妙な寸法。
 幅の広いものから狙っていくと、失敗したものが狭いもののネタに転用できる。どれもほぼ一発で寸法通りのものが折れたけれど、28.5mmだけ4回目にやっと成功。
 なお、折ったときに欠片が飛ぶことがあるのでメガネは必須。

95DSC09894.jpg

 この後は、脱脂をして、柄を付ける。
ラベル:*車体ベース
posted by ワークスK at 23:15| Comment(0) | 京阪2400系7連1/45 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

京阪2400系(5)実車観察

96DSC09935.jpg 京都蹴上の直山明徳氏にお誘いを受けてお邪魔する。
 廣瀬渉氏も来られて、ひとしきり、車輪フランジの話。アタック角と双曲線の件はやっと解ってもらえた。

 で、直山氏の自作モデルでの窓縁工法で盛り上がる。
 そんな中、アクリル板に0.5mm厚が市販されていることを教えていただく。1mmが最小とばかり思い込んでいた。これは窓ガラスに使える、接着剤も効くと、早速ネットで注文する。アメリカ型鉄道模型大辞典を訂正する。

 三条には上手い具合に2400系がいて、あちこち写真を撮った。屋根上を確認できる場所が思い当たらない。香里園か。
ラベル:*実車調査
posted by ワークスK at 23:59| Comment(0) | 京阪2400系7連1/45 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グリーンの屋根瓦

77CIMG3257.jpg

midoriyane.jpg 渋滞に飽きて、ふと傍らへ目をやると、なんだ、この屋根は! 鮮やかな緑色。ペンキが塗ってあるのかと思った。
 それにしても、妙に屋根だけ浮いている。

 住宅としては小ぶり。人は住んでいない風。

 Google Mapの航空写真でも、色がちゃんと出ている。
 大きな地図で見る
ラベル:京都八幡
posted by ワークスK at 06:59| Comment(0) | 建もん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

京阪2400系(4)資材調達と情報収集

 カミさんの買い物に付き合って出掛けた松井山手のホームセンター・ムサシで材料を買い足す。ヒノキ丸棒10mm径×900mm 190円、バルサ薄板t2×80×600mm 2枚入り250円。さらにアートセンター・ハヤカワでアイボリー紙419s半切170円+税を2枚、追加購入。
 もしやと思って、片刃カミソリをネットで検索すると、売っていた。販売が終了しているはずなので、感激! 「フェザー 青箱片刃 10枚入」228円。在庫の6箱を全部と、送料を合わせて1,658円。これで、心置きなく押切用のノミができる。

 ところで、我々の世代でペーパー車体の貼りあわせといったら「水で薄めた木工ボンド」。これはモハメイドペーパー氏から昨日いただいたコメントの通り。さらに2枚の紙の目を縦横にして変形を防ぐというのが標準だった。
 次は、1972年というから42年前に作った1/80のジュラ電。3枚のアイボリー紙を縦・横・縦と重ねて、その上にリベット用のアート紙が貼ってあるから4重。いうなればプリント合板と一緒。その甲斐あって反りや外れは全くない。今度の1/45にも同程度の耐久性を求める。

96DSC09892.jpg

 ところが、最近の自作記事を雑誌に追ったものの、押しなべてこういう工作法が採られていない。接着には両面テープやサフェーサー、瞬間接着剤。後2者は切り口などの成型というか、硬くする目的でも使われている。
 それと、窓抜きに片刃ノミが出てこない。でも、作品はシャープな出来栄えばかり。これは驚き。

 ジュラ電はリベット付だから、妻と側にはサフェーサーなんか塗ってないし、3段の側窓は折刃式カッターでは到底無理。
 当方がアメリカ型にウツツを抜かしている間に、世の中が変わってしまった。

 よし! こうなったら、モーロクジジイのインゴーパワーを見せてやる(笑)
posted by ワークスK at 23:59| Comment(0) | 京阪2400系7連1/45 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬のトリミングは大繁盛

04CIMG3252.jpg

04CIMG3256.jpg 松井山手のホームセンタームサシで、カミさんの買い物を待つ間、ペット売り場に設えられたベンチに座った。すると、目の前の光景がこれ。
 わざと大きなガラスにしているのだろう。中では3匹がオメカシ中。大きなシンクに入れられたのはシャンプーか。他にもケージには待機している犬が2匹。大繁盛だ。
 店全体のレイアウトが大幅に変わって、この売り場は奥まったところとなってしまったけれど、面積は倍ほどになったような感じ。

 そういえば先日長男の嫁さんが言うには、ここで80数万円のティーカップ・プードルが売れる現場に居合わせた。さらに同じ犬種で70数万円が売約済だったという。それなら、こういう風景が似合うか。

このブログにより権利が侵害されたとお考えの際は、ブログ開設者までお申し越しください。
ラベル:ワンコ 京都八幡
posted by ワークスK at 22:10| Comment(0) | 生きもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする