2014年03月31日

京阪樟葉駅に行列

 夜の8時過ぎ、駅の改札口を出ると、ただならぬ雰囲気。
 若者が2、30人、列を作っているのだ。その先に目をやれば、定期券売り場。新学期もあるけれど、明日からの消費税アップが重なったんかな。

99CIMG3588.jpg

このブログにより権利が侵害されたとお考えの際は、ブログ開設者までお申し越しください。
タグ:枚方楠葉
posted by ワークスK at 21:26| Comment(0) | くずは駅+モール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

ドロボウ除けの砂利?!

60CIMG3554.jpg

76CIMG3658.jpg 近所のホームセンター内をウロウロしていたら、奇妙な売り物を発見した。「防犯ジャリ」だって。
 「踏むと音がする砂利、ジャリジャリと音がして防犯効果、敷くだけで雑草防止効果」だと。地面を小さく仕切って、中に試供品が撒いてある。踏むと確かに音がする。ウグイス張りってわけか。
 しかし、侵入した者が都合よく通ってくれればの話。庭全体を覆うなんて大変。よしんば、猫の額ほどの広さでも‥‥。

 ネットを検索すると、散布方法の詳細な解説まであった。主眼は雑草かな。結構、普及しているものの様だ。

■同じ場所で、シャッターチャンスに遭遇。カミさんは小躍り。来年の年賀状に使うって。
タグ:京都八幡
posted by ワークスK at 13:51| Comment(0) | 売りもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

ヤモリ登場

60CIMG3569.jpg むろん毎年恒例。カミさんは親しみを込めて「ヤモちゃん」と呼んでいる。
 どこで冬眠しているのか知らないけれど、確かに何匹かが生息している。壁が白いから、街灯の光で虫が寄ってくるのだろう。
 今日はホント、暖かかった。

 ウンチクはウィキペディア日本語版
タグ:京都八幡
posted by ワークスK at 20:31| Comment(0) | 生きもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京阪2400系(29)雨トイの検討

 ボディに2回目のサフェーサーを吹いた。少し厚めとして、7車体で1缶半ほど。

73img072.jpg 不満は多々あるものの、とりあえず雨トイに取り掛かる。
 京阪の鋼製車はこれが独特の雰囲気なので、1/45なら感じを出したい。右の図は、2380番代(2200系の8連化用増結T車、1984年度)の新造時に、コーティング材の説明用として描いたもの(クリックで拡大)。
 これから割り出すと、高さが60mmとなるから、1.3mmほど。開口部が意外と広く、トイ側面が垂直。添えゴムが灰青色だったから、烏口で入れられれば面白い。すくなくとも塗分線を雨トイの中間高さとしたい。

 考えた方法は、まず、アイボリー紙で1.0×1.2mmの帯材を切り出し、所定位置に貼り付ける。そして、側面をサンドペーパーで垂直に削る、というもの。
 帯の切り出しは、TransPacific R.R.で紹介した手法
 貼り付けには、サフェーサー面でも木工ボンドの水溶液を使う。これ、1970年代にウインドーシル、ヘッダーでやった。貼付時の修正が利き易い上に、失敗したときに剥がすのも簡単。

 先行試作ボディに短めの帯材で試すと上手く行った。瞬間接着剤を浸み込ませると、取付が俄然強固になり、サンドペーパーを掛けてもビクともしない。
 ただし、本番に取り掛かると、400mm長の帯材が貼れない。ネジレがあって、剛性が強すぎる。2分割でも難儀で、試作と同じ3分割長でなんとか馴染む。サンドペーパーがけも大変。瞬間接着剤が浸み込んだペーパーは硬くて、全然削れない。垂直面だから、サンドペーパーの動かし方も難しい。目の粗いものの方が良さそうだ。
 で、続きは明日。

【京阪の薀蓄6】雨樋添えゴムは塗装をしない
 もちろん、材質がゴムだから塗装しない。また、屋根上は定期修繕に入場しても再塗装しないから、添えゴムもほぼ交換しない。
 当方が現役時代の新造車は確か、ウレタンゴムで納車された。古い車は、耐候性のある合成ゴム(具体的な材質は忘れた)。色は、屋根上ということでグレーのはずが青みがかっていたのは、国鉄向けあたりを流用していたのかもしれない。
 これが設けてある理由は、架線が断線して垂れ下がったときに、車体にアースさせないため。
posted by ワークスK at 20:10| Comment(1) | 京阪2400系7連1/45 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

京阪2400系(28)正面妻オデコのRを修正

 前回の写真を見ていて気が付いた。オデコのRが小さ過ぎる。計算上は、前照灯々具に僅かに懸る。

73CIMG3542.jpg

 改めて中川勲氏の作品(とれいん誌2013年1月号p82-87)をシゲシゲと観察すると、絶妙なRが出ている。
 ザクッと削らなければとは思いつつ、どうも半径200mmの寸法に拘ってしまう。実物はオデコだけR200より大きいような気もする。まあ、これくらいでいいか。
posted by ワークスK at 22:14| Comment(0) | 京阪2400系7連1/45 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

京阪2400系(27)サフェーサーの再吹付

74CIMG3552.jpg やっとソフト99の剥離が終わり、こんどはロックペイント製プラサフグレー(缶スプレー)を塗装した。同じように庭に新聞紙を敷いて、その上で吹いた。少し風が強かったけれど、1缶で7両が何とか塗れた。僅かに青みがかっていて、1970年代に使ったものとよく似ている(右写真のもの。振るとチャプチャプ音がする。シンナーと固形分が完全に分離しているようだ)。

 サンドペーパーでペーパー面が荒れたため、ところどころに毛羽立ちが出ている。パテ不足箇所の修正と共に、あと2回は吹付と研ぎを繰り返す必要がありそう。

74DSC09927.jpg

 ソフト99製プラサフ(プライマーサフェーサー)のことを書き留めておきたい。
 酷かったのは1回塗りの面で、マスキングテープを貼って剥がすと塗膜が付いてきた。少し透けている場合は滅茶苦茶に剥がれた。上塗りをしても駄目だった。剥がれ方は、マダラにベリベリという感じで、ペロッというニュアンスではない。プラサフの上に水性パテ(コニシ ウッドパテ)を盛ったところでは、柔軟性のあるパテ層を爪で引っかくと、プラサフの塗膜がパテと共に剥がれ、紙面の鉛筆によるケガキ線がそのまま出てきた。
 2、3回塗り重ねた面では、マスキングテープでは大丈夫なものがあった。ただし、荷造りテープでは剥がれた。ポツポツという感じ。一方、ロックペイント製では、どちらのテープでも剥がれることは無かった。
 塗り重ねた場合で、マスキングテープで剥がれたのは、どうも重ねる間に時間を置いたからのような気がする。ポツポツだったけれど、塗装としては致命的。

 メーカーの相談室に電話すると、「紙には食い付きません。非鉄金属も無理。あくまで鉄用」との返事。厚塗りしたらどうかと問うと、「データが無い」という応え。
 造形村から発売されているものがソフト99製なのだけれど、尋ねるのを失念した。

 東京二子玉川の いさみやロコワークスで「ペーパー用」を販売していたのを思い出して聞いてみた。「従来から売っている瓶詰をスプレー缶に詰めたもの。税別980円」とのこと。

 とれいん誌2010年10月号「特集 塗装で損しない!!怒涛の最新技法&用具の数々」の中のp22-23に、サフェーサーとプライマーの製品紹介がある。ただし、ソフト99とロックペイントは出ていない。
 ロックペイント製は、近所のホームセンター4軒とオートバックスでは不扱いだったので、ネット通販で求めた。6本で税・送料込4,094円。「用途:鉄部、木部(床を除く)の下塗り用」となっている。

【追記】とれいん誌2015年1月号の中川勲氏、阪急920系の記事p92に「ソフト99の"プラサフ"」を使ったとの記述があった。ありゃりゃ。同氏は意識して使い分けているわけではないということか。まあ阪急は塗り分けが屋根だけだから問題無かったとも考えられる。2015-05-16鉄道模型 ペーパー車体用のサフェーサー ソフト99プラサフ 缶スプレー スプレー缶 トラブル 問題 障害
posted by ワークスK at 19:11| Comment(0) | 京阪2400系7連1/45 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

クマモンにデコポンジュースをもらう?!

79NEC_0048.jpg

 大雨の中、カミさんにせがまれて、楠葉のスーパー、トップワールドに送る。

 駐車場に車を入れ、飼い犬の相手をしながら待つものの、一向に戻ってこない。シビレを切らして行ってみると、カートに山と積んでいる。野菜を買ったらクジを引かされて、なんと1等だったんだと。
景品がこのデコポンジュース。値段が高そうな箱入り。デコポンは我が家の好物で、カゴにはその1箱。こりゃあ、顔の色まで変わりそう。

 「これ熊本産。クマモンが来ている」と、指さす方向を眺めれば、黒いぬいぐるみが手を振っている。しかし、周囲の方々は素知らぬ素振り。手招きされた子どもは尻込みするばかり。

 帰宅して、店のチラシを確かめると、隅の方で来訪を告げていた。
 カミさんは頻りと「運をこんなものに使いたくなかった」と嘆いている。

79img071.jpg

このブログにより権利が侵害されたとお考えの際は、ブログ開設者までお申し越しください。
タグ:枚方楠葉
posted by ワークスK at 18:00| Comment(0) | 買いもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

京阪2400系(26)サフェーサーの剥離

 松井正史氏は、「補修するくらいなら作り直したほうが早い」と開き直られたようだけれど、当方は悪アガキをして、ソフト99のプラサフを剥がすこととした。
 モハメイドペーパー氏の御助言には「シンナーで」とあったものの、サンドペーパーでコツコツと擦った。半日、風呂場に籠って、2車体がこの程度となった。後方は未剥離。風呂場での作業はもちろん、ホコリ対策。

75CIMG3522.jpg

 問題は屋根上。既にパテを盛っていた。水性パテだから、サフェーサーの上に付けた。これが強固で取れない(笑) コニシの「ボンド ウッドパテ」という製品。謳い文句は「ほとんどの水性、油性塗料に対応」、「硬化前なら水で落とせる」だって。後者は、「硬化後は水で溶けない」と同義でいいのかな。
 モデラーの使う水性パテは一般的に、ハウスボックス社の「カラーパテ」の様だが、近所のホームセンターに無かった。「ウッドパテ」には何か問題があるかも、と一抹の不安が湧いてきた。
posted by ワークスK at 22:44| Comment(0) | 京阪2400系7連1/45 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

エスタックのバリエーション

 外出するついでにと、カミさんに頼まれたのが風邪薬。
 どんなんや、と尋ねたら、空箱を渡された。
 薬局で、同じものを、と指定して、出てきたのがこれ。ただし、名前の「新エスタックGL」が「エスタック アルファ錠」と変わっている。成分が配合まで全く一緒。1,280円。
 帰宅して仔細に較べると、わずかに、添加物の「CMC-Ca」が「カルメロースCa」となっている(ウィキペディア)。また、「第2類医薬品」の「2」の文字を囲む形が、丸から四角に変化している。これだけで、効能の「せき」が抜けて、「発熱」が加わったのだろうか。
 こういうものの解説があるのかと、ウィキペディア日本語版を覗いたのだけれど、まったく理解できない。

73CIMG3513.jpg

 使用期限は、旧品が2015.09で、新品が2016.09となっていた。ということは、カミさんは、ほぼ1年で1瓶100錠を飲んだことになる。
 一方当方は、風邪を引いても薬を飲まずに専ら寝ている。よほど酷くなければ医者にも行かない。ただ、還暦を過ぎて体力も衰えたことだから‥‥。
タグ:家族
posted by ワークスK at 20:44| Comment(0) | 買いもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

京阪2400系(25)サフェーサーの吹付

 7両分の車体にサフェーサーを塗った。使ったのは、ソフト99のプラサフ(ボデーペン)という缶スプレーで、2本まるまる。天気が良かったので、庭に新聞紙を敷いて、その上で吹き付けた。
 このサフェーサーは、とれいん誌2013年1月号p82-87の中川勲氏、京阪2600系の記事に出ていた。近所のホームセンター、ケーヨーデイツーで1本798円(税込)。塗料コーナーでは無くて、カー用品売り場に置いてあった。

76CIMG3508.jpg

 本来は今日、勝瀬友久氏に誘われた13ミリゲージ同好会の集まりに顔を出すつもりだったが、急用が入ってしまった。残念。

【追記】松井正史氏(JORC所属、サイト:音楽付)より次のメールをいただいた。

 ソフト99のプラサフをお使いですが、私も模型業者さんから教えて貰って、かって使ったことがありました。が、大変な目に遭いました(12輌まるまるペーパー車体の作り替えと塗装の全面やり直し。しかもツートン)。
 このプラサフ大変に剥がれやすいです。下地が紙だとわかりにくいですが金属だと簡単に剥がれてきます。老婆心ながらこの塗料やめた方がいいですよ。ロックペイントのプラサフグレー/062−1940をおすすめします。ソフト99が300ccならこちらは420ccで多くて安い。下地への食いつきは全然桁違に強い。模型仲間に話すと皆さん知ってました。


 直ぐに塗面にテープを貼って、剥がしてみた。仰せのとおり、剥がれてくるではないか。改めて中川氏の記事を読み直すと、「ソフト99」とはどこにも書いていない。「ロックペイントの"プラサフグレー"」となっているから、松井氏と一緒。「プラサフ」は商品名で固有名詞とばかり思っていたが、普通名詞の様だ。
 さて、弱った。この7両をどうしようか。
posted by ワークスK at 19:14| Comment(1) | 京阪2400系7連1/45 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする