2014年05月14日

謎の若宮八幡宮

 「タケノコを売っていた」と先日、報告した神社に行ってみた。
 場所は、京都府八幡市、美濃山宮ノ背という地名。男山団地から松井山手へ抜ける、通称「山手幹線」の途中。サークルKの向かい側。
 次の画像で左隅の看板の、さらに左を進むと、真正面の丘に上がれて、そこが神社。

72DSCN0171.jpg

 木立の中の様子。

72DSCN0167.jpg

 で、奥へ進むと、道路を越える橋がある。最初の画像の右に見えるもの。

72DSCN0168.jpg

 渡っても、どこへ通じているというわけでは無くて、降りるとサークルK。
 グーグルマップでは次。クリックで拡大。

WakamiyaHachimangu.jpg

 ネットを検索して出てきた説明は、単なる観察記。一体どういう神社なんだろう。自宅の近所のように、宅地造成か何かの見返りに、開発業者が寄付したものだろうか。この左、すなわち西は大阪工業大学の「高電圧実験センター」。ここか?
 なお、同じ名前の神社が、同じ八幡市内の野尻北ノ口というところにもある。
 ウィキペディア日本語版によれば、「(全国各地に存在して)八幡神応神天皇の御子神である仁徳天皇(大鷦鷯尊)を祀る」んだって。

 あれっ! 冒頭写真に写った軽自動車のナンバーが!
posted by ワークスK at 00:19| Comment(0) | 摩訶不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

京阪2400系(46)側板腰部に内張り追加

 一部車体の側板腰部で湾曲が無くなってきた。ちょうど中央の出入り口のところ。ここは側引戸がペーパー一枚。
 対策として、腰部内側全長に内張りを追加した。不具合車体だけでなく、全部。ペーパーは車体用と同じアイボリー紙0.5mm厚を用い、長手方向に目を通し、3分割。使ったのは木工ボンド。サフェーサーが付着していても十分に食い付く。水分が含まれているから、伸びて貼り付ける形となって、乾けば縮んで湾曲を維持してくれるという目論見。
 ただし、指で曲げ癖を付けたら、一部で外側のサフェーサー面に細かいヘアークラックが現れた。サフェーサー自体をサンド・ペーパーで削り取るつもり。

50DSC09962.jpg

 さらにトラブルが一つ。Tc車1両の屋根にクラックが発生。水性パテを盛り付けたところ。これはしばらく様子を見る。

50DSC09966.jpg
Oゲージ OJゲージ HOゲージ ペーパー電車 ペーパー車体 ペーパールーフ
 これはコニシの「ボンド ウッドパテ」を使った。やはりハウスボックス社の「カラーパテ」には多くのモデラーが推奨する根拠があるのだろう。
ラベル:*車体ベース
posted by ワークスK at 23:25| Comment(2) | 京阪2400系7連1/45 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月12日

京阪2400系(45)車側灯と非常知らせ灯の取付

 幕板に2mmの孔を開けて、外径2mm、肉厚0.45mmという黄銅パイプを2mm長に切って差し込んだ。灯具というか、正確にいうとガラス・レンズの押え金。
 孔の周囲の硬化と、パイプの固定には瞬間接着剤を使った。1両4か所、7両で28か所。パイプの出代が難しい。

58DSC09954.jpg

【京阪の薀蓄11】車側灯のモロモロ
 この鉄道では、側面に向かて右が「車側灯」で色は赤、客室の側引戸が開いているときに点灯する。左は「非常知らせ灯」といい橙色、客室の非常ボタンが押されたときや、空気バネ圧力が異常に低くなったときに点灯する。呼び名は各社マチマチ(ちなみに、この鉄道の「戸閉知らせ灯」は運転席にあって、その点灯が出発指示合図と同義)。
 車側灯と非常知らせ灯は共に、基本的に車掌が確認することになっているから、ガラスのレンズはそちらを向いたモールド。LED式では発光体を前後方向に向けて植えてある。大津線の2両固定連結車に非常知らせ灯が無い理由は、乗務員室で確認できるからだったはず。点灯と同時にベルが鳴動したんだったかな。

 2400系では1988-91年の改修工事でこれらの位置を変えた。それまでは間柱(まばしら)上だったので、車外からしか電球を交換できなかった。裏には荷棚のブラケットが付いていた。それを側窓中心の幕板として、車内側にフタを設けたというわけ。1970年の5000系新造時が最初。2200系冷改、1000系冷改、2600系冷改、新1800系と改造していき、2400系が最後。
 もちろん、定期入場で車側灯の電球は全数交換だから、営業列車で球切れなんてことは聞いたことが無い。非常知らせ灯がどうだったかは、忘れた。

 車側灯での一番の思い出は、消灯のタイミング。側引戸は、戸閉スイッチを操作して3.0秒で閉まる調整がされていた。とはいっても、編成全車両では僅かだがバラつきがある。消え方がパタパタパタという感じ。
 ところが、車両メーカー新造直後の編成は、それこそ、一斉にパッと消えた。
 車掌にとってはスコブる気持ちが良いはず。工場担当となって、これを実現しようと考えた。しかし、戸閉機とリミットスイッチ、それに引戸の調整の担当部署が別で、手戻り作業も多く、とんでもなく手間の掛かることが判った。それに、運転サイドの要望も無かったし、ということで諦めた。今は組織が簡素化されて、実現しているかもしれない。

 ところで車両定規は、ここのところを特別に拡張して適用しているんだけれど……。
posted by ワークスK at 19:38| Comment(0) | 京阪2400系7連1/45 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

小さな車に巨大ワイパー

48CIMG3877.jpg

 今度は、可愛い車を発見。
 前回に引き続き三菱で、軽自動車。あまり見かけないスタイル。カラーが洒落ている。
 ありゃっ! このドデカいワイパーはなんだ!
 一体、どういう風に動くんだろう? 動かしたら、車体が揺れたりして……

48CIMG3878.jpg

48CIMG3878b.jpg

 「i(アイ)」って名前のようだ。変なの〜。日経テクノロジーonline
 むっ! 発売終了になってるんかい。惜しい!(ウィキペディア日本語版

Rolls-Royce.jpg ところで、このところ、記事投稿ページに右の画像が頻繁に出て来る。これ、ロールスロイスだよなぁ。まさか、当方に勧めているんか!
 案内されているサイトはここ
 「5月16日(金)東京にて自動車の象徴と現代のラグジュアリーの110周年を祝うアイコンツアーを開催いたします。是非ご登録の上、ご参加ください」
 って言われてもなあ〜。
 登録したら、1台どうぞ、ときて、買わざるをえなくなったら、老後の蓄えが……。

Kuruma2.jpg【追記】おいおい。今度は、
 アルファロメオに、
 フィアットだって。
 マーケッティングのフルイ落とし、フィルタリングを間違えていないか?
 下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる、と言っても、イメージを崩しちゃうだろうに。2014-05-30
posted by ワークスK at 18:07| Comment(0) | 乗りもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

関西風三菱最強特装車輌軍団?

カスタムカー

 とある駐車場に物々しい車が止まっていた。
 正面にライトが並んでいて、何に使うんだろう。
 後ろに回ってみたら、「King of Delica Monsters Style Club Special Unit」、「関西風三菱最強特装車輌軍団」、「日本泥公団」などと“お楽しみ”。三菱デリカIntercooler Turbo 2800

三菱デリカ カスタム

48CIMG3274.jpg
ラベル:京都八幡
posted by ワークスK at 23:45| Comment(0) | ステッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

観音開きのワゴン車

 後部ドアが観音開きとなっている外車を、同じ日に2台も見た。
 まず、ミニクーパー・クラブマンMini Cooper Clubman(Motor Days)。ワイパーも両側に。

49DSCN0137.jpg

 夜になってダッジ・ラムバンDodge Ram Van(エクスプローラーExplorer)。共にブランド名は当てずっぽう。(アメ車ワールド

49DSC09941.jpg

 理屈は分かるけれど、なんか奇妙な感じがする。単なる固定観念かな。
ラベル:京都八幡
posted by ワークスK at 02:26| Comment(0) | 乗りもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

エキゾチック・ショートヘアだって

64DSC09937.jpg

くずはペットセンター 楠葉消防署の向かいにあるペットショップは、歩道からケージを眺められるようになっている。
 その中で、カミさんの一番のお気に入りがこいつ。くずはペットセンター

 店が貼りだしている説明文は、
 とっ〜ても珍しい☆ ぶちゃかわいい エキゾチックショートヘアーとは? 50年代、60年代にアメリカンショートヘアとペルシャとの交配で作られた猫。つぶれたような平らな顔に、頬はふっくらとして、目は大きな丸。ペルシャから受け継いだ大きな魅力であるおっとり穏やかな性格。人に良く懐き遊び好きだがとても静か。
 ハリーポッターにも、この猫ちゃんのようなぺちゃ顔の子が登場していましたね。そういえば中々ファンタジックなお顔かも(笑)


 ネット上の解説

【追記】1週間後に通りかかったら、まだ居た。夜なので、コンパクトカメラにはキツい。2014-05-14

49DSCN0178.jpg

49DSCN0190.jpg

【追記2】今夕はもう居なかった。よかったんだけれど、寂しい‥‥‥。2014-06-17
posted by ワークスK at 03:44| Comment(0) | 生きもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

目立ちたがりやの新聞販売店

朝日新聞販売店アクセス

Access 引き続いて新聞販売店ネタ。
 これは樟葉駅近くの南楠葉にしばらく前に出現した建物。トップワールドというスーパーマーケットの向かいに立っている。2012年11月撮影だというグーグルマップのストリートビューでは空地。
 画像検索を掛けても似たようなものが無いから、このデザインが新聞社の方針ではなさそう。

 普通の人間が眺めても、ここが朝日新聞の販売店だとは察しが付く。ただ、「あさすぽ枚方・交野」とか、「ふれあいタウン、ひらかた朝日くらぶ」が何なのか、全く想像できない。「ひらかた朝日デリバリーネットワーク」だって、ソコソコの知識が要る。判る奴だけ相手にするっていうのもなあ‥‥。
 ややこしいことに、ここの東には「楠葉朝日」という地名が拡がっている。近所にある「楠葉中央」という名の交差点も、昔は「楠葉朝日」。

【追記】「アクセス」という企業の紹介記事を見つけた(BCN Bizline)。「ふれあいタウンひらかた朝日くらぶ」は、IT利用の会員カード事業とのこと。ただ、利益を出す仕組みが判らない。
 そして、日曜日の朝刊に挟まっていた「あさすぽ」を発見。広告の束の中。住所が八幡市だから「南京都」版。地域のスポーツや文化の情報を伝えるんだって。今まで存在自体に気が付かなかった。2014-05-11

あさすぽ南京都版

【追記2】今日、ポストに投函されていた封筒にカードが封入されていた。どうも、ここ京都府八幡市も、大阪府枚方市を本拠とするアクセスの担当。前にももらったのかなあ。
 1年間有効なんだって。ただ、特典がちっとも分からない。2014-08-13

Asahi_Club.jpg
ラベル:枚方楠葉
posted by ワークスK at 18:01| Comment(0) | 建もん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

阪神タイガース甲子園入場券の応募チラシ

img082b.jpg 郵便受けにこんなチラシが入っていた。
 伝統の一戦、阪神タイガースvs読売ジャイアンツのアルプス内野指定席券が当たるんだって。

 うぅぅむ、怪しい。
 テッシュペーパーで隠された応募葉書の宛先は「読売情報開発大阪」。
 で、チラシの赤丸を付けたところ。「(同組織は)読売新聞大阪本社が全額出資」、「個人情報はYCへ連絡」だと。で「YC」は何かと探せば、その上欄に「賞品は最寄りのYC(読売センター)からお届け」とある。
 ただし、この「読売センター」が何なのかは、どこにも書いてない。

 とろこがなんと、ウィキペディア日本語版に出ていた。「YC:読売センターの略 (Yomiuri Center) 読売新聞販売店」と。

 恐るべしヨミウリ・シンブン。

img084a.jpg

【追記】宇治市内でも同じチラシが入ったとのこと。うぅぅむ。2014-05-14
ラベル:京都八幡
posted by ワークスK at 18:26| Comment(0) | 看板広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

京阪2400系(44)換気扇キセに取手を取付

 0.3mmのリン青銅線を使った。
 この換気扇キセは、1988-91年の改修工事でFRP構造を新製。それまではクーラー外キセと同じ断面で、鋼板に絶縁被覆を巻いていたから、重く、錆も進んでいた。

60DSC09928.jpg

 ボディの側窓と側窓の間の細い間柱(まばしら)が心許無くなく思えてきて、裏に瞬間接着剤を塗った。サッシを貼り付ければシャキッとなるだろうが、なにせ紙の目が水平=横断方向。
ラベル:*屋根上パーツ
posted by ワークスK at 21:01| Comment(1) | 京阪2400系7連1/45 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする