2016年01月24日

寒波と蛇口

DSCF7004a.jpg

飼い犬の散歩で公園を抜けようとしたら、水飲み場からチョロチョロと音が聞こえた。
「誰だ。閉め忘れたのは?」と呟いて、思い当たった。凍結防止じゃあないのか。大寒波到来だというし。
まあ、閉めておいても凍るくらいで、破裂は無いだろう。

 故郷の信州では恐ろしいことになるから生活の知恵、というか、育った家では戸外の水道管に電熱帯を巻いていた。蛇口をひねると湯気が出た。管を壁の中に納めると却って危ない。悲惨なことになる。
 その昔はチョロチョロしか方法が無くて、地域全体では水道使用量が莫大だったと聞いた。
 ある年などは、地中が凍ってしまい、何日も断水したっけ。水道局から人が来て、水道管を途中で切って細いビニールのチューブを差し込み、お湯を注いだけれど駄目で、道路を掘り起こしていた。1960年頃の話。

【追記1】九州と山口県では未だに断水の地域があるという。凍結や破裂は厄介だ。
 そういえば学校の授業にこの問題が出てきた。熱力学で熱伝導の範疇。地中に埋められた水道管が0℃になるまでの時間を求める演習で、条件等は忘れた。ただ、思いの外、長く掛かる結果だったという記憶がある。根本的な対策は深く埋めることなんだろう。2016-01-29

【追記2】テレビ番組の雪のお題で一句。2016-02-04

雪の道ともしびが待つ暖かさ
綿雪が喧噪かくす帰り道
ラベル:京都八幡 一句
posted by ワークスK at 15:59| Comment(0) | そらもよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

氷が張っていた

DSCF5227a.jpg

夕方4時頃に近所の神社を通りかかったら、ここも朝の雪は消えていた。
ただ、手水鉢には氷が張っていた。妙に懐かしかった。
ラベル:京都八幡
posted by ワークスK at 20:49| Comment(0) | そらもよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

交通信号機の更新

DSCF5208a.jpg

 コンビニの近くでは信号機の取替。電球のLED化は済んでいたはずなので、これは躯体ごとなんだろう。

DSCF5211b.jpg

 それにしても、このところ、この街はインフラ設備の更新ばっかり。40年ほどで寿命ということ。もちろん住む人間も……。
ラベル:京都八幡
posted by ワークスK at 00:03| Comment(0) | 工事・作業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

管内処理ロボットシステム

DSCF5206a.jpg

 近くの路上で何か作業をやっていた。真ん中の車は、ボディに凝ったイラスト。用事を済ませた1時間半後にも停まっていたので、じっくり眺めると「管内処理ロボットシステム」の文字。近くに「LCR 光硬化管渠更生工法」と書いた車もいた。下水道の点検修理なんだろう。
 そういえば3年前に「科学特捜隊の出動」をお伝えしたことがあった。

DSCF5214a.jpg
ラベル:京都八幡
posted by ワークスK at 22:13| Comment(0) | 工事・作業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

ロシニャンと飼い犬(3)

 コタツで寝そべっていると、ロシニャン接近とカミさんに教えられた。手に持っていたiPadをカメラに切り替えて撮影。何度も挑戦して、初めて成功。
 布団の下にいる飼い犬がどうして判るのだろうか。

posted by ワークスK at 02:18| Comment(0) | 地域猫活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする