2013年05月12日

小野頼風塚

80CIMG1146.jpg カミさんを下ろして、図書館の駐車場に車を入れた。待っているのもヒマなので、その辺りをウロウロ。
 右写真で、右端にシャッターが少し見えているのは、「志ばん宗(しばんそう)」という名の、ちょっと知られたウイロウの和菓子屋。臨時休業日

 で、左に立札と、足元に石標。これを読んでいたら、声を掛けられた。
 頼風塚は小路の奥とのこと。石標には「昭和二年 三宅安兵衛建立」とあって、息子が父親の供養のため、付近一帯に四百余りを設置したものの一つだという。
 これを伺って思ったことは、こりゃ、石碑研究は面白くないぞ。さらに、昭和2、3年といえば、御大尽にとって一番いい時期。翌4年が1929年で、大恐慌だから、もう無理だ。

 ネットを検索したら、詳しいサイトがあった。家督を継いだ三宅清治郎氏のその後の消息は判らない。

80CIMG1144.jpg
ラベル:京都八幡
posted by ワークスK at 00:29| Comment(0) | 街ブラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: