2013年08月13日

ガソリン代が高騰して

img986a.jpg

 カミさんに車を借りたら、センターコンソールにガソリンの領収証が2枚、入っていた。
 見比べて驚いた。1ヶ月も経っていないのに、リッター6円も値上がりしている。ファミリーカーなのに、1回の給油で5千円以上も払っている。考えられない。

 聞きしに勝る状況ということで、通りすがりのスタンドの価格表示を撮影してきた。ヒマだし‥‥。
 まず、カミさんが入れているところ。領収書の方は“会員価格”ということで2円安い。Tポイントとかも貯まるようだし。

90DSC07535.jpg

 次は、国道への出口に近いセルフスタンド。こりゃあ安い。

94DSC07543.jpg

 住宅街の真ん中のセルフスタンドも同じ。軽油と灯油が高い。

96DSC07548.jpg

 そこから500mほど離れたセルフ。2円高い。そういえば学生時代の長男のアルバイト先。プリカ価格は安いのかもしれない。

98DSC07553.jpg

 これは駅やスーパーの近く。

92DSC07539.jpg

 最後は、旧市街地の辺りで、少し高そう。

99DSC07558.jpg

 国道沿いは競争が激しいはずだ。昔、ここら辺りは安いことで有名だった。余所はもっと高いのだろうか。本当に唸ってしまう。たまには、こっちの財布で払わなければいけないかな。

 で、ひとつ、気になったことがある。
 どの看板も、百の位が、ちゃんとした幅を持っていたこと。最後の2枚が狭いといっても、一枚は簡便な看板だし、もう一枚だって、一の位の右側が空いているから、何とかなる雰囲気だ。かつては、こんなことは無かった。百の位は、「1」か、何もないかだから、ホント、狭かった。
82DSC07572.jpg そんな中、「2000問題」ならぬ、「200問題」が密かに取りざたされた。そう、何年か前の高騰時に、「このままでは199円までしか表示できないぞ。それ以上になったら、どうする?」てな訳で、冗談百科事典のアンサイクロペディアに項目が立ったほどだった。
 当時の当事者の心配や如何ばかりであったろうか。すなわち、数年かけて各店とも、対策が完了してしまったということ。これなら、いつでも200円にできる。4枚目を拡大して見れば、999円まで表示できそうだ。
 う〜む。子どもの頃、21世紀が来るなんて信じられなかった。大人になってもそうだった。それが13年前にアッサリ超えた。200円超時代も当たり前のように来るのだろうか。

 ちなみに、直近1年間の推移は次。出典:CarlifeNavi 都道府県別で、京都は7番目。安いほうか。

gasoline.png

【追記1】あれから9月にピークを迎え、その後は落ち始め、11月に入って落ち着いてきた。一応、記録しておこう。2013-11-18

Gasoline13-11.png

【追記2】久しぶりに走った171号線沿いは驚くことに、どこも200円問題対応だった。写真は信号待ちで撮影できた1店舗だけだけど、全てそうだった。地域差があるのかな。まあ、価格表示の設備がどこも安物。2014-05-19

96DSCN0260.jpg
ラベル:京都八幡
posted by ワークスK at 00:22| Comment(0) | 買いもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: