2013年12月06日

京阪寝屋川市駅前のモニュメント

99CIMG2704.jpg

99CIMG2701.jpg  駅を南口に出たら、青と赤に塗られた一見ゆるキャラ風のものを見た。年配のご婦人が腰掛けたとしたので、ベンチと知れた。どうも、道標を兼ねているようだ。青がアルカスというホールで、赤がキャレルという図書館だと。「ねや川JC」は寝屋川青年会議所。どう贔屓目に見ても、地域の好感度を上げる作用をなすなどとは思えない。

 右は、北口にあった彫刻。名前を募集している。こちらは寝屋川ライオンズクラブ。結成50周年記念として市へ寄贈だという。意図が全く分からない。次は、立て看板にぶら下がっていた応募票。

Neyagawamonyument.jpg

 全体としてゴチャゴチャと品位に欠ける駅前風景に変貌しつつあると解釈した。それこそがこの土地にふさわしいかな。
ラベル:寝屋川
posted by ワークスK at 02:28| Comment(0) | 見もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: