2007年09月17日

レーザーマウス

 パソコンが潰れてしまいました。Windowsが起動しなくなった、ということは、ハードディスクが潰れたんですね。それで以前より目星を付けていた京都山科区のパソコン救急バスターズというところに持ち込んでみました。こういう会社は一寸心配なところがありますが、朝に通ると左の様にボディに宣伝を大書きした車が2台止まっていて、昼はいつもいない、ということで、あちこちから信頼されてソコソコ繁昌しているのだと判断したわけです (^ _-)

「出来れば復活してほしいけれど、最悪、HDから可能な限りのデータを吸い上げてくれ」と朝に預けたら、昼過ぎには電話があって「ハードディスクを取り替えて、そのまま復旧する。メインメモリが256と少なすぎて、頻繁にアクセスするのが壊れた原因だから、512に増設すれば解消され、早くなる」とのことだったので、助言通りにしてくれるよう、お願いしました。で、昨日、受け取ってきました。

 Windowsの立ち上がりも早くなり、また、画像処理を重ねていくにつれて重くなっていたフォトショップ等も終始快適です。これで5万円は、一昔前には全く考えられない金額で、大感激です。以上、感謝を兼ねて、チョウチンです。

 一方、買い換えという最悪自体も想定してパソコンショップを彷徨いていたら、「レーザーマウス」というものを発見しました。 エレコムという会社の製品で、「インターネット専用で「進む」「戻る」というボタンを付けてページ移動が簡単」と謳っています。手持ちの光学式の滑りプラスチック(?)が摩滅していたこともあって、買ってきました。

 早速直ったパソコンに差し込んで使ってみると、微妙な操作がダイレクトに伝わって、レスポンスが格段に良い様な気がします。光学式も新しいものは進歩していますが、これはさらに快適です。値段が高いだけのことはあります。
200709170925000b.jpg ただ、「レーザー」ということで、裏の孔から光線ビームか何かが出るのではないかと楽しみにしていた期待は裏切られて、何も見えません。パッケージには記載がないものの、メーカーのサイトには「不可視光線」とあって、ギミック的には面白くも何ともありません。

 インターネット・サイト閲覧用のボタンは、常に右手の親指をかけているものの意識をしないと中々押せるものではなく、慣れるまでに少し時間が掛かりそうです。なにせ、ポインターの動きが良くなり、ディスプレー左上の「戻る」ボタンに簡単に合わせられるものですから、今までの癖で、直ぐにそれを使ってしまいます。仕事用を含めて複数のパソコン、すなわちマウスを使うので、これだけサイド・ボタンを使うというのは、無理かとも思い始めました。

 ところで写真では、ディスプレーの横に目覚まし時計と電卓が見えます。パソコンがあるのにおかしな話かも知れませんが、何かにつけて、こっちの方が手っ取り早くて使い易いのです。パソコンが貴重だった時代からの人間ですから、こういうことをやらせるのは勿体ないという気持ちもあります。

 それと、この写真は、いつものデジカメではなくてケイタイで撮影してみました。デジカメを修理に出してしまったことが理由なのですが、その話はまたいずれ……
posted by ワークスK at 11:50| Comment(0) | 買いもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: