2017年03月03日

ヨナちゃんの猫に小判

DSC07743a.jpg カミさんから、カメラを持って来てくれと声が掛かった。

 テレビの録画を再生していたところ、ヨナが画像に跳びかかって面白いという。番組は、埋蔵金の話題。黄金色に輝く小判がでてきて、右の有様。巻き戻し再生しても同じ反応。なにか惹かれるものがあるのだろうか。形か? 金属光沢か?

「猫に小判」のコトワザをネットに探して、いろはカルタを写真で表現させる大学授業の紹介を見つけた。ネコが小判を舐める写真がNGで、横を向く姿がOKだという。そりゃあそうだ。
 でもね。見る側には、ジャレる方がよほど面白い。どうして両者が結びついたのか、とことん検証したらいい。そして実際に二階から目薬が入ったというのだから愉快。これらを活かせないのなら、カリキュラムは死んでいる。……ああ、学生のレベルにもよるか。
ラベル:ヨナ
posted by ワークスK at 23:23| Comment(0) | 地域猫活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: