2017年12月25日

虫歯は治りません

 身もふたもない話ですが、虫歯は治りません。歯が再生し虫歯の穴を塞いで虫歯になる前の状態を回復して初めて、「虫歯は治った」と言えます。しかし、実際には虫歯は元通りにはならないので、つめものやかぶせをして元の形に似た状態にします。これが歯の治療の本質です。
 したがって、歯科治療は、治らない傷に絆創膏を貼っているようなもので、それは生活に支障が無い状態が維持されているに過ぎない、と言えます。絆創膏は常には剥がれる危険があります。絆創膏をできるだけ長持ちさせるために、日頃の手入れ(=歯磨き)が必要なのは言うまでもありませんが、剥がれかけていないか(=定期検診)、剥がれていれば貼りなおす(=再治療)という、メインテナンスが一生必要です。
(一部改変)
 歯が痛くなったので歯医者へ行ってきた。今まで掛かっていたところが廃業してしまい、カミさんからの口コミ情報に頼った。なんと我が家から歩いて5分。灯台下暗し。
 待合室の壁に表題の文言を見付けてビックリ。それに続いて左の文章があった。要は、長い付き合いになるということか。
 で、診察の方は、なんと「痛い原因が見つからない」という。かみ合わせが悪くて一つの歯に圧力が掛かり過ぎていると、タブレットに写真を表示して丁寧に説明してくれた。うぅぅむ、診断とか治療よりも、こういうコミニュケーションが信頼関係に結びつくのかな。歯を少し削ってオシマイ。
ラベル:京都八幡
posted by ワークスK at 18:27| Comment(0) | 看板広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: