2018年08月06日

大山崎ジャンクションでは降りるな

Ooyamazaki2.jpg 昨日、亀岡へ行ってきた。帰りは京都縦貫道を南下して往きに乗った大山崎ジャンクションで降りるつもりだったのに、車載ナビに一つ手前の長岡京ICを指示された。ソフトを更新したばかりだったので、従うこととした。縦貫道の通行料金(篠ICよりのETC休日割引)が、往路の480円から復路は400円と80円安くなった。
 大山崎で降りてすぐの2度の信号待ちが長いのかと、Google Mapで所要時間を確認しようとすると、こちらは一つ行き過ぎて久御山淀ICで降りろと案内するではないか(右図)。料金はなんと700円。どうして?

 他に思い付くのは、大山崎JCTの危険性。NEXCO西日本の公式YouTube動画をみると、分岐が複雑なことが分かる。特に1分10秒からの1線マタギ(サンプル画像!)には度胸を要する。これかな。




Google Map

なんとジャンクション・マニアが「スパゲッティ・ジャンクション」とお墨付き! >>毎日新聞2018年1月31日
posted by ワークスK at 12:42| Comment(0) | ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: