2018年08月28日

大阪市住吉区でハザードマップの実体化

災害時避難所 大領中学校

 電柱に付箋が貼ってある? と近づくとこれ。「0m」では危機感が湧かないけれど、両面テープの剥がれ掛けが「急遽作った感」を漂わせて、行政はポイントを上げたのではないかな。
ラベル:大阪
posted by ワークスK at 20:38| Comment(0) | 看板広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: