2012年10月05日

野鳥の死骸はどうしたら?

隣り街を歩いていて、
道端に鳥の死骸を見つけた。
99DSCF9118.jpg

雀よりも遥かに大きく、
鳩よりは小さい。
クチバシから尾羽まで、18cmくらいか。
99DSCF9119.jpg

自宅の近所だったら、
庭に穴を掘って埋めるのだけれど、
一体、どうしたらいいのだろうか?

【追記】一日経ち、気になっていたので、
愛犬の散歩を遠回りして、行ってみた。
昨日のままだった。
付近の住居表示をカメラに収めて帰り、
当該市の市役所に電話した。
土曜日でも代表電話が繋がって、応対してくれた。
処理するとのこと。
95DSCF9126.jpg
ラベル:枚方楠葉
posted by ワークスK at 15:32| Comment(0) | 生きもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

モスラに遭遇

 JRきのくに線の岩代駅では、大きな蛾がお出迎え
00DSC01335.jpg
 チョウやガを紹介する昆虫エクスプローラというサイトで調べたら、ヒメヤママユという蛾に相当しそうだけれど、85-105mmだという大きさは、ゆうに200mmはあった気がするし、秋深く現れるというのに、9月中旬だし、オリーブ褐色でもないし、よく判らない。
 マタンゴの次は、モスラということか!

10DSC01350.jpg
ラベル:和歌山
posted by ワークスK at 01:14| Comment(0) | 生きもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

静かな入り江にマタンゴ

和歌山県は周参見(すさみ)への道すがら、国道42号線を逸れて、小さな入り江を越えると、
鉄チャンをするには、格好のアングルと見えた。

30DSC01151.jpg

電車を待つ間に、ふと、海面に目をやると、異様な光景。

続きを読む
ラベル:和歌山
posted by ワークスK at 07:33| Comment(0) | 生きもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

セミの羽化

早朝、愛犬の散歩をしていて、小さな公園で見かけた光景
入り口にあるコンクリート製の短い杭
白く透ける翅は、感動的ですらある

80DSC09780.jpg
ラベル:京都八幡
posted by ワークスK at 21:33| Comment(0) | 生きもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

樟葉駅のツバメの巣

バスを待っていたら、頭の上でギャアギャアと騒ぐ声
ああ、ツバメの巣です。

DSCF8291g.jpg

一方、10メートルと離れていない2年前に撮影した場所には、フン除けが新設
この作業は大変だったことでしょう m<_ _>m
バス停の方が第2世代でしょうか。

DSCF8284g.jpg
posted by ワークスK at 22:08| Comment(0) | 生きもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

青色のザリガニ

Zari1.jpg京都は比叡山ドライブウェイという有料道路の途中にあった駐車エリアに「ザリガニ王国」とあって、覗いてみたけれど誰もいない。係員に尋ねると「養殖している」という。で、中を見せてもらったら、青白いザリガニがウヨウヨしていてビックリ。単に普通の赤いザリガニなのだけれど、蛍光灯の光だとこうなるのだという。
「ザリガニの釣り堀」は夢見が丘という場所で10月11日までとのこと。ただし、この青白い姿を見せてもらえるか否かは保証の限りにあらず。
 蛍光灯以外でも照らしてみたい!

Zari2.jpg

Zari3.jpg

Zari4.jpg

Zari5.jpg

Zari6.jpg

Zari7.jpg

Zari8.jpg

Zari9.jpg
ラベル:京都
posted by ワークスK at 21:56| Comment(0) | 生きもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

カメの日向ぼっこ

2245764.jpg

場所は和歌山市郊外の池。数匹がカタまっていたので、
カメラを取り出す間に、背後を車が通過して
1匹だけを残して逃げてしまった。
ただし、残った1匹は30センチメートルはあろうかという大物!
群れた写真をお見せできないのが悔しい。
スッポンかな?
ラベル:和歌山
posted by ワークスK at 15:41| Comment(0) | 生きもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

ヌケガラを発見!

DSCF7288g.jpg久しぶりに陰ったので庭に出てみると、地面に小さな穴が2つ開いていました。

おおっ!ということで近くの木を探すと、セミのヌケガラが2つ並んでいました。あちこちにぶら下がっていて全部で6個も見つかりました。

ところで、日本語変換で「脱け殻」と「抜け殻」が出ますが、前者が実感的ですね。

IMG_7329g.jpg
posted by ワークスK at 21:56| Comment(0) | 生きもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

セミさんの裏表

もう寝ようという夜の11時、
またまた家人に呼ばれました。、
今度はセミです。
網戸にへばり付いています。
羽根の先の方が透明で、根元が緑色です。
羽化したばかりでしょうか。
足が時々動きます。
コンパクトカメラを色々弄っても上手く撮れません。
思い余ってストロボを焚いたら真っ白になりましました。
逃げないのですね。

Semi3.jpg

っ、ということで屋外に回りましました。
で、室内の電灯を消してストロボで撮影しましました。
羽根が透き通って、綺麗ですね。

Semi2.jpg

これが昼間なら、
鳥に見つかってしまうのでしょうね。
posted by ワークスK at 23:57| Comment(0) | 生きもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

ヤモちゃんの登場

Yamori.jpg

家人が呼ぶので、慌てて駆けつけると、これでしました。
台所の網戸を室内側からの撮影です。

夜になると我が家の壁面に、よくへばり付いています。
で、ムシ全般を嫌がるくせに、ヤモリだけは「ヤモちゃん」と馴れ馴れしく呼んで、
嬉しがっているのですけれど、どういうことでしょうか。
イモリもトカゲも変わりないと思うのですが……。
ラベル:京都八幡
posted by ワークスK at 19:10| Comment(0) | 生きもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする