2010年06月19日

ブタもオダテりゃ

IMG_6775c.jpgここ、どこだと思われましますか?
れっきとした「 大阪市内 」!
それも、賑わうことで有名な千林商店街なんですけれど......
それにしても鮮やかなピンク色です。
大きくなったら、どうするのでしょうか?
ブタ用のリードって、売っているのでしょうか?
ブタの顔面にも「ボカシ」が要りましましたか(笑)

zIMG_6774.jpg
ラベル:大阪
posted by ワークスK at 11:45| Comment(0) | 生きもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

カラス除け?

とある住宅地で見付けた施設で、たぶん家庭ゴミの集積場。
物々しい金網はカラス除けですね。
ただ判らないのが、扉の下辺にあるヒンジで開く小さな折扉。
一体、何なのでしょうか?
どうして開いているのでしょうか?

IMG_6466c.jpg

ところで、写真の外形が歪んでいるのは、コンパクトカメラの広角で撮影して、それをフォトショップ・エレメンツ7という画像加工ファイルでシャキっと真っ直ぐに修正したからで〜す。
ラベル:京都八幡
posted by ワークスK at 23:47| Comment(0) | 生きもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

ツバメさんの落とし物!

大阪は京阪の樟葉駅でバスを降りて駅に入ろうとすると、地面に何やら貼り紙?がしてあります。
IMG_7298a.jpg

むっ!とよく見ると......
IMG_7300a.jpg
「ツバメの巣があります ツバメさんの落とし物に注意願います」

おおっ、それでは、と上を見上げると......
IMG_7306a.jpg

夜半だったので親鳥も休んでいましました。
ラベル:京阪樟葉駅
posted by ワークスK at 12:11| Comment(0) | 生きもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

芋虫だぁ!今度は

 折角植えたパンジーがナメクジに食われてしまい、調べたらナメクジはビールに寄ってくるらしいということで、仕掛けましたら面白い様に採れたところまでお伝えし、鮮やかになったと悦に入っていたのです。

DSCF5109.JPG

 ところが今日、また葉っぱと花が食われているのを発見し、またナメクジかと夜に出てみましたら、何と今度は芋虫です。丸々と太った奴を5匹ほど潰してやりました。
 一難去ってまた一難ということで、正直言って脱力感に襲われています。生き物相手というのは本当に難しいものです。仕事もですけれど……。今回もグロテスクですいません m(_ _)m
posted by ワークスK at 23:03| Comment(0) | 生きもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

ナメクジはビールも好物!

 昨日、 「ナメクジはパンジーが好き!」とお伝えしましたが、ウィキペディアにあった通り、ビールも好きなことを確認しました。写真を見ていただくと一目瞭然で、パンジーを植えたプランターの土の上にプラスチック製の底の浅い皿をおいてビールを注いでおいたところ、1時間ほどでこの有様です。ナメクジ退治にビールは本当に効きます。

DSCF5087a.JPG

DSCF5084a.JPG

【追記1】ちょっと場所を変えて4時間後、夜中の12時頃の状況です。途中で2、3度見回って、縁にいた奴を突いて中に落としています。

DSCF5092a.JPG

【追記2】明るくなり出した朝の6時に起きて覗きましたら、数は夜中の12時とそう変わっていなかったものの、外へ向かって這い出している奴がいましたから、完全に御陀仏にはならないのだと思います。ただ白い腹を出している奴は、成仏しているようです。念のためこの後、濃い塩水の中へ移しておきました。家の前の道路アスファルト上にナメクジが移動した光る跡がありますから、下手をすると隣近所から集まってきているかもしれません (^_^; 今晩もやってみます。

【追記3】翌28日の晩もやってみました。ナメクジの大きさが小さくなったようですが、数は同じくらいだと思います。写真を撮り忘れました m(_ _)mで

【追記4】てるてるせぶん様には連日の御訪問、ありがとうございます。確かにキショクが悪いので、新たな方を誘い込むのはやめにして、追記の形を採りました。
 ところで、ビールの入れ物としてカミさんが考案したのは、息子が食した後のカップ麺の発泡スチロール製容器です。底の辺りを丸く切り抜くとちょうどよい平たい皿が出来ます。色が白ですので入ってきたナメクジもよく見えます。下の写真は3日目の設置3時間後、夜11時頃です。性懲りもなく出現するものの、ナリも小さくなり、数も減っています。初日の経験から12時を回ったら増えないようなので、その頃に撤収のつもりです。なお、ビールの銘柄はサントリーの「ジョッキ生」です。

DSCF5097a.JPG

【追記5】4日目に雨が降って途中で中止したことが影響したのか、さすがに5日目ともなって熱意が冷めてしまいました。せっかくのビールを憎っくきナメクジに呑ませるのも癪だし、在庫が切れましたし……(^_^;)

=====================================
この記事へのコメント
ナメクジは塩じゃないんですか?
2007年5月27日夜10時00分[1338371]で牛ちゃん投稿者

おじゃましまーす(^ 0 ^)/
凄い収穫ですねぇ(; ^ _ ^ A
きしょく悪いほどよってく​​るんですね。
で、お亡くなりになってるんですか?
2007年5月28日午前9時53分[1338374]でてるてるせぶん投稿者

またまた、おじゃまーです。(^ 0 ^)/
2日続けて同じぐらいの数が収穫(?)ですか(≧ω≦)
ナメクジってイッパイいるんですねー(; ^ _ ^ A
なんか、怖い・・・・・(; ^ _ ^ A
2007年5月29日午前15時29分[1338377]でてるてるせぶん投稿者
ラベル:京都八幡
posted by ワークスK at 21:31| Comment(0) | 生きもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

ナメクジはパンジーが好き!

 昨夜、雨の上がった8時過ぎに見に行くと案の定、ナメクジがたかっていました。

zDSCF5066.jpg

 カミさんが植えたパンジーが無残な状態であることに気が付いたのが数日前です。原因はナメクジだろうということで毎晩、割り箸で一匹一匹取り除く作業を続けていました。で、雨上がりは凄いだろうと楽しみ!にしていたのです。懐中電灯で探し、しばらくして目が慣れてくると、大量に見つかりました。

 ヌルヌルしている上に、箸が触ると丸まるので摘みにくく、一筋縄ではいきません。ナメクジは塩水に落とすと動かなくなります。ただし、濃度が薄いとコップの内面を這い上がってきます。

zDSCF5075.jpg

zDSCF5063.jpg 不思議なことに紫ばかりがやられます。葉っぱばかりか花びらも食われます。黄色は大丈夫なのです。小一時間もすると底が見えなくなるほどに採れました。緑色をしているようにも見えます。体色を変えるのでしょうか。
 家の壁面にもへばり付いています。

 ネットを検索すると、ナメクジは小形のパンジー=ヴィオラが好物とのこと。迷惑なことです。また近年は外来種が蔓延しだしたとあって、そういえば子どもの頃に見たナメクジは、もう少し大きかった様な気もします。ビールに誘引されるという話は知りませんでした。今度やってみましょうか。>>>> 実は、すぐさま!
ラベル:京都八幡
posted by ワークスK at 04:16| Comment(0) | 生きもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

トンビ?トビ?鳶?

zDSCF1187.jpg

滋賀県は、女子高生のスカート丈が短い!という話がありましたが、私の感想はトンビが多い、です。田園地帯で車を止めていると、ピーヒョロロという声をよく聞きますし、昨年は私の運転する車のフロントに当たったことがありました。幸い、再び飛び立ってくれましたけれど……。電柱のテッペンにもよく留まっています。カラスは京都、大阪に較べて少ないと思います。スズメも余り見ないような気がします。写真は守山市の琵琶湖大橋付近から比良連峰を眺めた風景です。

自分のブログを見返したら、ユリカモメやら、サギやら、鳥が被写体となっていることが多いのにビックリです。意識したことはないのですが、目に付くのでしょう。こういった身近にいる鳥類の解説(書?)ってあるのでしょうか?
posted by ワークスK at 22:29| Comment(0) | 生きもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

ミシガンはユリカモメ

DSCF1920g.jpg

 昨年、故郷の恩師を招待して、滋賀県一帯を見せて回りました。これはミシガン船上の一コマです。この時期、年寄りに船はちょっと寒いかと心配したのですけれど、ユリカモメというのでしょうか、船の回りを群舞して、それは感動的でした。少々の風は苦にならず、老先生も喜んでくれました。鳥が寄ってくるのは、船員の方々が餌付けをした成果とのことで、企業努力というか、感心させられました。
 この写真は、ちゃんとした集合写真の上の部分だけを切り抜いたものです
posted by ワークスK at 08:35| Comment(0) | 生きもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする