2015年04月03日

男山病院で新たな工事

81DSCF5181.jpg

駐車場の隅に白い囲い。敷地全体の北東角。
それほど大きくは無い。中を覗くと、鉄骨を組んでいる。
給水塔? あるいは広告塔? 丑寅の方角だから鬼門封じ?
そりゃあ無いか。
立体駐車場かな? それにしては背が低い。

DSCF9025a.jpg■息子が、網戸の戸車を交換してくれた。何年も不便していたのがウソの様。ホームセンターでパーツを売っているんだそうな。30数年前の網戸にも適合とは、世の中捨てたもんじゃない。

【続報】工事を覆っていたシートが取り払われて、全貌が姿を見せた。写真は建物の裏表で、裏は3階建。
ただし、何なのかは依然として不明。店舗だとしたら、道路側が無味乾燥過ぎる。2015-05-13

DSCF9027a.jpg

【続々報】作業をしていた方に「何になるのか?」と尋ねてみた。答えは「コンビニか、薬局か、まだ決まっていない」。企業の活動で、そんなことがあるんか? あるいは、地下と2階は最初から目的が定まっていて、ついでに1階を店舗にして儲けようという算段かな。2015-05-28

【続々々報】夜に通りかかったら、四面に「つばき薬局」の看板が掛かり、灯が入っていた。ただし、内部はガランドウ。カミさんによれば、25日(木)に既にこの状態だったとのこと。看板の色は茶色地に白抜き文字。チェーンだろうか。それにしても薬局はこの辺りで6軒目。儲かるんかなあ。2015-06-28

【続々々々報】やっと写真を撮影。7月1日に開店だって。店名看板の大きさが目立つ。「枚方つーしん」は6月20日付で「つばき薬局」を伝えている。さすが! 2015-08-10

DSCN2836a.jpg
ラベル:京都八幡
posted by ワークスK at 12:25| Comment(0) | 男山病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

男山病院完成間近

南側からの画。旧棟の取壊しが終わって、エンタランス造りか。空にはイワシ雲。
パノラマ写真はクリックで拡大。

男山病院完成間近.jpg
ラベル:京都八幡
posted by ワークスK at 16:19| Comment(0) | 男山病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月25日

男山病院の建物ほぼ完成

82CIMG3892.jpg 眼科の定期検診に行ってきた。ついでに全景。4月1日から営業の様子。ロビーには例によって白い洋ランがズラッと並んでいた。

 社会医療法人って、なんだ?
 パノラマ写真は東側より撮影。クリックで拡大。

男山病院2014.jpg

 あれっ! 1年半前に見た1/200模型は、これか? だとしたら、南西角の建物(パノラマ写真の左奥)は取り壊されるのかな。
ラベル:京都八幡
posted by ワークスK at 01:50| Comment(0) | 男山病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

男山病院の臨時巡回バス

数日前に見かけた。カミさん情報に拠れば、走り始めて間無しだという。
駅との間の送迎という例は知っていたが、地域丸ごととは驚く。
増床するから来院者数も増やそうというのだろうか。
ただ、「臨時」の意味が不明。

これでますます路線バスの乗客が減るか。
まあ、ダイヤ改正の度に不便になっているのだけれど。

83CIMG2516.jpg

【追記】病院はまだ工事中で、その間、駐車場が半減している。それで巡回バス。で、8月までだから「臨時」なんだって。ところで、このバスの運転手のマナーについてコメントをいただいたが、当ブログの趣旨に沿わないので削除させていただいた。悪しからずご了承願いたい。2014-05-18
ラベル:京都八幡
posted by ワークスK at 04:04| Comment(0) | 男山病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

八幡市の男山病院の増築(6)

84DSC07897.jpg

 塀の向こうでは着々と工事が進んでいた。鹿島建設はさすがだ。何階建てになるのだろう。
 次のパノラマ写真は、例によってクリックで拡大。

Otokoyama57.jpg
ラベル:京都八幡
posted by ワークスK at 01:29| Comment(0) | 男山病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

八幡市の男山病院の増築(5)

86CIMG1108.jpg

86CIMG1124.jpgしばらく平らなだけだったが、
機械が動き出した。

定期検診を終えて、
工事現場を覗きこむと
ちょうど、
穴を掘りはじめるところだった。

地面にブルーの×印があり、
ドリルの先が狙っている。

手に持つ黒板の文字を拡大すると、
「男山病院新2号館増築工事
対杭No@
試験掘
掘削芯セット
立会者:内藤設計事務所〇〇氏
鹿島建設(株)」
と読める。

次の全景は西を向いていて、画面右に見える高いビルの先が樟葉駅。クリックで右へ拡大。

2か月半前の様子はここ

Otokoyama0502a.jpg

道路の向かいの店もやっと明日、5月3日に開店だという。店名は"Trattoria La Fonte"、ボードにイタリア料理とあった。2か月前の様子
86CIMG1074.jpg

一軒おいたパン屋だったところも、今度は美容室だと工事中だった。
86CIMG1078.jpg

男山病院の拡張に合わせた動きなんだろうか。

【追記1】店の前を通りかかったら、予告のとおりに開店していた。
店名はHair Make epita。フランス語辞書には載っていない。2013-05-14
85CIMG1231.jpg
検索したらHPがあった。店名は造語だそうな。2013-06-02

【追記2】男山病院の工事状況。右手の立体駐車場は撤去。2013-05-15
OtokoyamaH20130515.jpg
パノラマ写真はクリックで右へ拡大
ラベル:京都八幡
posted by ワークスK at 12:18| Comment(0) | 男山病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

八幡市の男山病院の増築(4)

定期の診察に出向くと、古くからの棟が無くなっている気配。
会計を終えてから、東側のビルに上がってみた。
あああっ! 取り壊されちゃった。
Otokoyama2013-02a.jpg
画像はクリックで拡大

■和歌山の次男から電話があった。
 「親父の生まれたのは1951年だったよな。西暦でいうと。
 サンフランシスコ講和条約の年」
 「ああ、そうだけど」と応えると、
 「2014年だから、63歳か」などと、ボケている。
 まあ、日頃は平成を使っているんだと、解釈しておこう。

 帰宅したカミさん曰く、
 「(次男から)電話があったけど、運転中で出なかった。
 それっきり」とのこと。
 そんなに切迫して確認したいことだったんだろうか。

【追記】2月23日土曜の早朝、突然次男が帰ってきた。こっちに用事があったんだと。
で、あれはどういう意味なんだと尋ねてみた。
「疑問に思ったら、すぐに調べるのが主義」なんだと。よく判らん。
ラベル:京都八幡
posted by ワークスK at 00:08| Comment(0) | 男山病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

八幡市の男山病院の増築(3)

歩いて前を通る機会があって、閉鎖された旧玄関を撮影してきた。
夜で、持っていたのがコンパクトカメラだったので、この程度。
88DSCF9562.jpg

【追記】今夜20時頃に通ると、何やら女性の声でアナウンスが流れていて、閉鎖は仮の処置の様だ。2012-12-29
ラベル:京都八幡
posted by ワークスK at 19:38| Comment(0) | 男山病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

八幡市の男山病院の増築(2)

一昨日、眼科の診療で病院に行ってきた。
すると、中の配置がガラッと変わっていて、戸惑った。
玄関を入って直ぐ右の眼科の待合が封鎖されていたり、
88DSCF9306.jpg

小児科のあった場所はガランとしていた。
88DSCF9305.jpg

前回、9月20日に来たときに撮影しておくべきだったと、後悔しても後のマツリ!
まあ、案内表示がシッカリしていて、迷うことは無かった。

新棟というのか、その一角に全体の完成模型が置いてあった。
88DSCF9302.jpg

でもこれ、明らかに現在の姿ではない。
ことによると30数年前の、関西医大として出来た時ではないだろうか?
88DSCF9301.jpg

しかししかし、屋上に掲げられた看板や、模型の表示は、
現在の「医療法人美杉会」となっている

実際の全体風景を、男山泉の交差点の向かい側のビルから狙ってみたのが次
パノラマ写真として繋いでいるので、電線が不自然。クリックで拡大する

88Otokoyama_HP.jpg

【追記】病院の完成模型は、こんどの工事のものだった。1年半後の記事をご覧あれ。2014-04-25
ラベル:京都八幡
posted by ワークスK at 23:42| Comment(0) | 男山病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

八幡市の男山病院の増築(1)

年寄の症状が出て、掛かり付けの病院へ行ってきた。
京都府は八幡市の男山病院である。
すると、新設通路に生花の列!
男山病院1.jpg

どうも増築が完成するらしい。
先年、関西医大から佐藤病院系に移管されて、
経営的にどうなのかと心配になっていた折でもあって、
この拡大戦略は意味が分からなかったが、
小生を含めて、老人が増えて病人も増加するという読みなのか。
値段の高そうな蘭が多い。
同業者に交じって、銀行が一際目立つ。
ちょっと時代錯誤か。

次の画像はクリックで拡大。
左手前の2階建てが旧で、
それよりも高い建物が今回の増築分だ。
男山病院2.jpg

【追記】新棟での診療開始後の様子は、11月10日にお伝え。
ラベル:京都八幡
posted by ワークスK at 12:04| Comment(0) | 男山病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする