2020年08月31日

トラビとシルエを預かった(3)

00DSC02020.jpg

続きを読む
ラベル:トラビ シルエ
posted by ワークスK at 12:49| Comment(0) | 飼い犬猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月19日

トラビとシルエが新人を歓迎するの図

1597834502555a.jpg
これが二男から送られてきた。2匹はこの後、我が家で預かっている。
ラベル: トラビ シルエ
posted by ワークスK at 20:09| Comment(0) | 飼い犬猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

「どうずり」な飼い犬

IMG_20200522_091659a.jpg
雨戸を開けた途端に、部屋の中で寝ていた犬が短く吠えた。専用の座布団の上で横になったまま首だけ起こしただけだったので、思わず口から「どうずり!」という言葉が出た。カミさんは「?」。方言かな。早速ネットを検索すると、新潟県で「なまぐさ、怠け者」の意というのがあった。当方は信州上田の出身だけれど、祖母が中越十日町なので、その口移しだろうか。コタツに入っていて近くのものを取るときに、足をくべたまま寝転んで手を伸ばす動作を連想する。胴体を擦るっていう解釈か。ただ、「どうずり」なのか「どうずりない」なのかは記憶が揺れる。
posted by ワークスK at 09:56| Comment(0) | 飼い犬猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月02日

2019年03月27日

2018年06月17日

2016年07月17日

飼い犬の寝相

寝苦しくて、ふと目を覚ますと、
枕元の愛犬がこの姿。
ストロボにピクリともしない。
どんな夢を見ているのだろうか?

DSCF0123b.jpg
posted by ワークスK at 14:35| Comment(0) | 飼い犬猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

飼い犬を捕獲!

DSCF5057a.jpg

我が家の庭先をノラ猫が通路としている、というわけで、カミさんがトラップを仕掛けた。
で、当方が忘れて、飼い犬を離したら、ご覧の通り。ネコとは異なり、おびき寄せの餌を食い尽くして、暴れもせずにケロッとしていた。
ラベル:ワンコ
posted by ワークスK at 20:43| Comment(0) | 飼い犬猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

カスタナとチェス

生後9か月となった2匹のネコ。もう、子ネコではない。写真を長男夫婦に送ってもらった。
これだけ仲が良ければ、ネコは2匹で飼うに限ると思う。

900IMG_0796a.jpg

910IMG_0810.jpg

920IMG_0838.jpg

930IMG_0882.jpg

950IMG_0883.jpg

960IMG_0884.jpg

カミさんによれば、「ネコ団子」なる言葉がある由。

■この2月11日、長男家族が来宅した。驚いたのは、マゴの手がトイレのスイッチに届いたこと。終わったときに当然、スイッチを切ったが、ライトが消えなくて、慌てる。換気扇と連動していて5分後に勝手に消えるからと説明したけれど‥‥。

【追記】「チェスト」の名前を「チェス」に訂正。2015-04-14
ラベル:ニャンコ
posted by ワークスK at 01:11| Comment(0) | 飼い犬猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

キジシロ子ネコ「カスタナ」のその後

 長男夫婦宅へ引き取られ、カスタナと名付けられた子ネコは、先住の2匹とは3日目に馴れたという。
 写真は、2匹のうちの茶白の方、チェスに寄り添って寝ている姿。手前の茶色の塊は別のネコでは無くて、そのチェスのシッポ。生後8か月と同じくらいの月齢にもかかわらず、大きさが倍ほどもある。メインクーン(ウィキペディア日本語版)という種類で、巨大となる特徴があるらしい。

IMG_0579a.jpg

 カスタナはチェスと一緒によく遊び、夜中にも居間で飛び回っている。クリスマス・ツリーは引き倒されてバラバラになっていた。以前、チェスには強く噛んだり、椅子をカジる癖があったが、カスタナが来てから納まった。カスタナは、3.3kgの体重が2週間で3.1kgに落ちた。運動量が増えたためだろう。食事や場所取りでは、完全に主導権を握っているとのこと。

 先住ネコのもう1匹は黒色のマロン。長男夫婦が結婚当初より飼っていた。その嫁さんの実家にいつの間にか居付いたノラ猫だから、推定9歳。カスタナは、このマロンにもよく馴れた。マロンとチェスは、いつも離れていたので、3匹一緒の写真は無い。

IMG_0540a.jpg

 ところが、このマロン。5日前、急に具合悪くなり、一昨日、死んでしまった。原因がはっきりしない。腰の脱臼と貧血が見られたという。
ラベル:ニャンコ
posted by ワークスK at 15:03| Comment(0) | 飼い犬猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする