2019年07月18日

本日は定時退社日です

DSC01127a.jpg

京都は西大路辺りを走っていて目にした看板。GSユアサの工場らしい。これ、昼前なんだけれど、出社してくる従業員にアピールしているんだよなあ。まさか、一般の通行人に見せるため? だったら、今日以外は定時で帰っていないってことがバレバレ? 「ノー残業デー」は水曜日が多いらしい。この撮影日も昨日17日水曜日。週の真ん中ってことか。企業的な目的は単に人件費抑制だな。
 えっ! オレが若い頃に家に帰らなかった理由? そりゃあ仕事が面白かったから‥‥。
ラベル:京都
posted by ワークスK at 23:28| Comment(0) | 看板広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

2018年09月27日

大相撲京都場所の街宣車

posted by ワークスK at 15:38| Comment(0) | 看板広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

2018年09月02日

阪急梅田は安室奈美恵でいっぱい

安室奈美恵 阪急梅田

9月1日夜、阪急電車を梅田駅で降りたら、ホームが彼女のポスターで埋まっていた。

続きを読む
posted by ワークスK at 18:45| Comment(0) | 看板広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

大阪市住吉区でハザードマップの実体化

災害時避難所 大領中学校

 電柱に付箋が貼ってある? と近づくとこれ。「0m」では危機感が湧かないけれど、両面テープの剥がれ掛けが「急遽作った感」を漂わせて、行政はポイントを上げたのではないかな。
ラベル:大阪
posted by ワークスK at 20:38| Comment(0) | 看板広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

新聞見開き2頁に「コード・ブルー」

DSC00220b.jpg

 金曜日の朝刊に、前代未聞の2頁大横置き。これ、カミさんがよく観ているテレビ番組。他に1頁大広告は10頁。集英社ファッション系11誌(カラー)、地域タイヤ店Fuji、大正製薬リポビタンライフ、京都26店舗の暑中見舞い、自動車用品イエローハット(カラー)、味の素アミノエール、サントリー“セサミンシリーズ”、日本イーライリリー“いつのまにか骨折”(カラー)、山田養蜂場、スターウォーズ“ハン・ソロ”(カラー)。すなわち、38頁中、12頁37パーセントが全面広告。
 30歳代の息子2人は新聞を購読していないというし、これらのターゲットは我々なのだろう。
ラベル:タレント 新聞
posted by ワークスK at 07:26| Comment(0) | 看板広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

セブンイレブンの販促チラシ

DSC09021a.jpg 新年早々、自宅ポストに白い封筒が入っていた。郵便物ではない。なんと、コンビニのセブンイレブン、それも男山指月(おとこやましげつ)店だけのもの。カラーだし、滅茶苦茶に力が入っている。
 実をいうと、この店はしばらく前から気に掛かっていた。開店当初、セブンイレブンはここだけだったのだけれど、数年前から周辺に増殖しているのだ。つい最近は京阪橋本駅前にもオープンした。この男山指月店の弱点は、店前道路の交通量が少ないことと、北と西、それと南東方向に人家が無いこと。こりゃあ、オーナーが本部にクレームを入れたんだな。本部の本音は……。そういえば、くずはモール南交差点の南西角は2ヶ月ほど前に無くなっていた。

続きを読む
ラベル:京都八幡
posted by ワークスK at 03:09| Comment(0) | 看板広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

虫歯は治りません

 身もふたもない話ですが、虫歯は治りません。歯が再生し虫歯の穴を塞いで虫歯になる前の状態を回復して初めて、「虫歯は治った」と言えます。しかし、実際には虫歯は元通りにはならないので、つめものやかぶせをして元の形に似た状態にします。これが歯の治療の本質です。
 したがって、歯科治療は、治らない傷に絆創膏を貼っているようなもので、それは生活に支障が無い状態が維持されているに過ぎない、と言えます。絆創膏は常には剥がれる危険があります。絆創膏をできるだけ長持ちさせるために、日頃の手入れ(=歯磨き)が必要なのは言うまでもありませんが、剥がれかけていないか(=定期検診)、剥がれていれば貼りなおす(=再治療)という、メインテナンスが一生必要です。
(一部改変)
 歯が痛くなったので歯医者へ行ってきた。今まで掛かっていたところが廃業してしまい、カミさんからの口コミ情報に頼った。なんと我が家から歩いて5分。灯台下暗し。
 待合室の壁に表題の文言を見付けてビックリ。それに続いて左の文章があった。要は、長い付き合いになるということか。
 で、診察の方は、なんと「痛い原因が見つからない」という。かみ合わせが悪くて一つの歯に圧力が掛かり過ぎていると、タブレットに写真を表示して丁寧に説明してくれた。うぅぅむ、診断とか治療よりも、こういうコミニュケーションが信頼関係に結びつくのかな。歯を少し削ってオシマイ。
ラベル:京都八幡
posted by ワークスK at 18:27| Comment(0) | 看板広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日